トップページ > GICについて
GICについて
紹介

岐阜県国際交流センターに所属する国際交流員(CIR:Coordinator for International  Relations)はJETプログラムによって招致されています。

地方公共団体依頼の通訳・翻訳業務を行うほか、地方公共団体・国際交流協会・学校からの依頼により派遣します。(派遣方法、派遣にかかる様式についてはこちら

 

(国際交流員の主な派遣内容)

・県内小中高等学校における国際理解教育の実施

・地方公共団体及び国際交流協会主催の国際理解講演等開催

  パワーポイントを使って母国の文化紹介、歌、ゲーム、各国料理教室等要望に応じてアレンジが可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

センター所属の国際交流員プロフィール

氏名

宮本 レオナルド

ダンタイ クインチ―

モーガン アリア

国名 ブラジル ベトナム イギリス
地域名

クリチバ

フエ

バーミンガム

写真 HP用写真.pngのサムネイル画像 Anh Karuizawa 2.jpg
性別
自己紹介

ブラジルの南部、パラナ州クリチバ市から来日した、日系四世。小学生の時に両親が出稼ぎで来日し、日本に約6年間在住。パラナ連邦大学を卒業し、2014年に静岡大学へ留学。祖母が日本人で子どもの頃から日本文化や日本語と接してきました。趣味はギター、筋トレ、勉強と観光です。「日本より大切な場所はない!」そう思い、国際交流員として働かせていただいております。これからも、日本に在住する日系コミュニティーを支えながら、ブラジルと日本の架け橋になれるような存在を目指していきたいです!

ベトナム最後の王朝の都であるフエという町から参りました。私は岐阜県に行く前に、2014年から6年間東京に住んでおり、大学院に通っていました。2020年に帰国して、母校で日本語を教えていました。2021年11月末日本に戻ってきて、岐阜県国際交流センターに国際交流員(CIR)として勤めています。趣味は読書、旅行、生け花です。

私はイギリスの産業革命で有名な町、「バーミンガム」から来日しました。岐阜市に来る前の、2018年8月から2019年5月まで、大阪府枚方市にある関西外国語大学に留学していました。その他にも、2019年5月から7月まで旅行のため東京に滞在していました。リーズ大学ではフランス語と日本語を専攻し、2021年7月に大学を卒業しました。その後、JETの国際交流員となることができましたが、新型コロナウイルスにより、来日することができませんでした。この期間に、アルバイトやフードバンクでボランティアを行いました。2022年4月に来日することができ、岐阜県国際交流センターに国際交流員として働くこととなりました。趣味は読書、散歩、旅行です。よろしくお願いします。

派遣事例

-Power Pointを用いてブラジルの概要や一般知識の紹介(人口、地域行政区別、国旗、歴史、政治/教育制度等)。
-講座で写真、音楽、動画だけでなく、工芸品等の実物も見せて、ブラジルの文化や習慣、民族構成や考え方の説明。
-オンラインソフトを使用し、クイズを通じて楽しくブラジルやポルトガル語を勉強。
-ブラジルの簡単な料理教室、(ブリガデイロやトウモロコシケーキ等)。
-オンライン講義など。

 

・PPTを用いて、ベトナムについての紹介(ベトナムの基本情報、文化・習慣、社会、教育、観光等)
・ベトナム語講座
・ベトナム料理教室
・子ども向けベトナムの中秋節の紹介および中秋節で使う獅子舞の人物の仮面づくり

・PPTを用いて、イギリスについての紹介発表イベント(イギリスの文化、地理、歴史、気候、習慣、社会、料理、祭り等)
・対面やオンラインによる英語講座(初級、中級)
・国際交流センターのウェブサイト英語で情報発信を行うこと(コロナウィルス感染症等)
・英日、日英翻訳、通訳を行うこと
・岐阜県在留外国人と英語による電話相談