トップページ
GICからのお知らせ
【事業報告】外国籍青少年キャリア教育支援事業_8月27日(水)

外国籍青少年キャリア教育支援事業

FC岐阜の裏側をのぞいてみよう

 

 
 岐阜県は、外国人青少年の社会的・職業的自立に必要な能力等を育てるため、「岐阜県外国人青少年支援者連絡会議」を立ち上げ、各関係者が連携した支援のあり方を検討しています。本連絡会議の取組の一環として、FC岐阜、県立高等学校3校及び岐阜県環境生活政策課との協働のもと、外国籍生徒等を対象としたキャリア教育支援事業を実施しました。

 外国籍生徒らは特性を生かせず派遣社員やアルバイトに落ち着いてしまうケースがあるため、今回は、親しみやすい「サッカー」という分野を切り口にして、社会には様々な職種があることを知ってもらい、将来の職業に対する視野を広め、より社会に貢献していく意思を持たせることを目標としました。

 

【午前:FC岐阜選手の練習見学】

 午前は、各務原スポーツ広場で行われたFC岐阜選手らの練習見学を行いました。プロの選手らのテクニックや練習内容に、生徒らは興味深く見学していました。

今回の参加者の中には、プロのサッカー選手になることが夢である生徒もおり、選手らを目の前にして、とても良い刺激になったのではないかと思います。 

 H26FC岐阜_練習見学1.JPG   H26FC岐阜_練習風景2.JPG   
 選手らの練習をみる生徒ら  練習風景


【午後:FC岐阜の裏側について】

 午後は、長良川スポーツプラザにて、FC岐阜を支える仕事についての講話や、生徒にむけたメッセージなどをいただきました。

講話「FC岐阜を支える仕事について」

○企画広報担当課長 林 幹広 氏

活躍しているのは選手だけでなく、華やかな試合の裏には、それを支える営業や広報など多くの仕事や人の支えがあって実現できているということをお話いただきました。またご自身の進路決定の過程などを説明して、豊かな将来像を描くためのアドバイスを頂きました。彼らにとって、将来の具体的な目標を考えるきっかけになったのではないでしょうか。

 H26FC岐阜_午後講義1.JPG    
 林氏の講話を熱心に聞く生徒ら


クラブスタッフ、選手からのメッセージ
                        

○フィジカルトレーナー アルタイール コーチ

実際の仕事内容をお話いただきました。生徒からは「どのようにすればコーチになれるのか」などの将来についての質問もあり、とても参考となるお話となりました。

○三都主 アレサンドロ 選手

サッカー選手になるまでの経緯や、サッカーと共に歩んだ日本での生活の話など、ご自身の体験についてお話いただきました。また生徒らと将来の夢について話し、実現のためのアドバイスやメッセージ等をいただきました。


○強化部主務 吉川 真行氏 「FC岐阜について」

強化部での仕事内容や、FC岐阜のビジョン(「岐阜を元気にする・子ども達に夢を与える」)のお話をいただきました。どの仕事でも、何らかの目的やビジョンのもと行われていて、社会に対して何かしら価値を提供しているものであることを伝えていただきました。

  H26FC岐阜_アルタイールコーチ.JPG  H26FC岐阜_三都主選手.JPG   
  アルタイールコーチ    三都主アレサンドロ選手   

  H26FC岐阜_吉川氏.JPG   
 吉川氏

 H26FC岐阜_スケジュール.png