トップページ > イベント
イベント
【募集終了】学校教育や地域活動ですぐに役立つ教材づくり講座

※こちらの参加募集受付は終了致しました。皆様のご応募ありがとうございました。

県内に暮らす外国人児童生徒の理解を深めることを目的に、学校教育等におけるESDの可能性を考えながら参加者の皆さんと共に学びあう講座を行います。

皆さん是非ご参加下さい!

<対  象>   小中高等学校の教員、教育委員会の指導主事等の教育関係者

           多文化共生分野の団体職員、大学生、地域住民の方 等

<定  員>   15名  全日程参加できる方、もしくはより多くの日程に参加出来る方を優先

<参 費>    無料  交通費補助あり 多国籍料理の昼食は希望者のみ、1食500円です(自己負担)

<場  所>    1、3、4回 (公財)岐阜県国際交流センター *4回目は予定 

            2回のみ ふれあい福寿会館     

<申込先>   (公財)岐阜県国際交流センター

<申込方法>  申込み用紙にご記入の上、メール、FAXまたは郵送でお送り下さい。

           (メールの場合は、申込み用紙(チラシ裏面)Wordダウンロードボタン申込みフォーム.docをダウンロードし、添付ファイルにて送信ください。)

 

 ※詳しくはチラシをご確認下さい。(チラシ(表・裏)PDFダウンロードボタン 

 ※申込用紙 チラシ(裏) Wordダウンロードボタン

日程

内容・講師

 

1回目

6月30日(日)

10:30~16:30

 

午前:「ESDとは、なんだろう?」

・講座の目的、内容、方法を体験的に理解します。

講師及びファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

午後:「ワークショップ(参加型手法)の面白さを体得しよう!」

・移民の歴史理解を目的にしたワークショップの体験を通じて、理解と学び方の習得をめざします。

講師/NPO法人沖縄NGOセンター理事 玉城 直美氏

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

2回目

7月28日(日)

10:30~16:30

 

午前:「地域に暮らす外国人児童生徒の現状を学ぼう!」

・岐阜県人のブラジル移民100年の歴史について理解しながら、外国人児童生徒がおかれた現状を学びます。

講師及びファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

午後:「ワークショップの作り方のコツを学ぼう!」

・流れのあるプログラムの作り方について学び、参加型手法の習熟をめざします。

講師/NPO法人NIED・国際理解教育センター代表 伊沢 令子氏

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

3回目

 

8月10日(土)

10:30~16:30

 

午前:「ESDの進め方を考えよう!」

・ファシリテーターの役割とワークショップの進め方を確認しながら、各参加者の状況にあわせたプログラムつくりを考えます。

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

午後:「教えて!学校DE実践の経験からプログラムをつくろう!」

・実際に、参加型手法を用いた外国人児童生徒の理解をめざした授業内容や、流れのあるプログラムの作り方について学び、参加型手法の習熟をめざします。

講師/環境省中部環境パートナーシップオフィス チーフプロデューサー  新海 洋子氏

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

9月~12月

 

みんな DE 実践しよう!

参加者は、各自で総合学習等の学校教育や市民講座等の社会教育の場で実践します

 

最終回

 

1月25日(土)

10:30~16:30

 

午前:「理解を深めよう!」

・実践の共有、研修成果のふりかえりなどを行いながら、午後の成果報告会の準備を行います。

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう

 

午後:「成果報告会からつなげよう!」

・実践の結果を踏まえた、教材や教え方などの改善を研究します。

ファシリテーター/(特活)MixedRoots×ユース×ネット★こんぺいとう