トップページ > 国際交流員ブログ
国際交流員ブログ
サンパウロとリオデジャネイロ ― 一月との関係

サンパウロとリオデジャネイロ 

― 一月との関係 ―

 

森下 アンダーソン 実砂雄

国際交流員

 

 来る1月25日サンパウロ市は市制461周年を迎えます。 標高760mの高地に発展してきたこのメガシティーは、現在南半球最大の都市だと言われています。パウリスタ大通りがこの都会のパワーを十分に表していると思います。「パウリスタ」はサンパウロ州出身の人を意味します。ちなみに、私自身パウリスタです。「パウリスターノ」と「サンパウリーノ」といった言葉もあります。「パウリスターノ」はサンパウロ市出身の人で、「サンパウリーノ」はサンパウロFCのサポーターになります。

 

 サンパウロ市から約400キロ離れた素晴らしい街・リオデジャネイロがあります。言うまでもなく、この旧首都は美しい海岸、サンバやカーニバル等で有名です。リオデジャネイロは日本語で一月の川という意味になります。「えっ、川?」と不思議に思われる方がいらっしゃると思います。ポルトガル人がはじめてリオデジャネイロの地を踏んだ時(1502年1月1日)雄大な川に辿り着いたため、一月の川と名付けたと伝われています。あの雄大な川は、実は川ではなく、グアナバラ湾の海でした。

 

 ちょっとした誤解は地名だけではなく、その出身の人の呼び方にも影響を与えました。リオデジャネイロ市出身の人は「カリオーカ」または「フルミネンセ」と言いますが、「フルミネンセ」の語源はラテン古語のflumenになるかと思います。Flumenは川であるため、リオの人は文字通り「川の人」になります。繰り返しますが、リオデジャネイロは海の街です。

 

 このように、都市によって、その都市出身の人を表す言葉が異なります。ブラジルの人に会う機会がありましたら、是非その人の出身について聞いてみてください。

 

おさらい

パウリスタ (Paulista): サンパウロ州出身の人

パウリスターノ(Paulistano) : サンパウロ市出身の人

サンパウリーノ(São paulino): サンパウロFCのサポーター

リオデジャネイロ (Rio de Janeiro) : 一月の川(直訳)

カリオーカ(Carioca)、フルミネンセ(Fluminense): リオデジャネイロ市出身の人

 

コメントする(comment) (ここをクリックすると入力欄が表示されます)

必須
必須