トップページ
GICからのお知らせ
【2018.4】医療通訳ボランティア斡旋先医療機関を更新しました

岐阜県内で医療通訳ボランティアを派遣できる医療機関の一覧


岐阜県では、日本語が不自由な外国人の皆様が安心して医療機関を受診することができるよう、医療通訳ボランティア(言語は、ポルトガル語、中国語及びタガログ語)を斡旋しています。

県内で医療通訳ボランティアを派遣できる医療機関の一覧を更新しました。(2018年4月現在)

詳細は下記URLをご確認ください。 

http://www.gic.or.jp/foreigner/interpreter/

医療通訳ボランティア派遣先医療機関(平成30年4月1日現在)

・国立大学法人岐阜大学医学部附属病院(岐阜市)

・地方独立行政法人岐阜県総合医療センター(岐阜市)

・岐阜市民病院(岐阜市)

・社会医療法人蘇西厚生会まつなみ健康増進クリニック(笠松町)

・社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院(笠松町)

・公立学校共済組合東海中央病院(各務原市)

・岐阜県厚生農業協同組合連合会中濃厚生病院(関市)

・社会医療法人厚生会木沢記念病院(美濃加茂市)

・まつばら眼科(池田町)

・岐阜県立多治見病院(多治見市)

・新可児クリニック(可児市)

・独立行政法人国立病院機構長良医療センター(岐阜市)

・岐阜市福祉型児童発達支援センターみやこ園(岐阜市)


chirashi_20180401.jpg