トップページ
GICからのお知らせ
【参加者募集】日本語指導者向け 意見交換会&日本語教材見本市を開催します

日本語指導者向け 意見交換会&日本語教材見本市を開催します



外国にルーツを持つ方々をサポートする1人として、改めて必要な支援について、考えてみませんか?

外国にルーツを持つ子どもに関する映画上映の他、日本語教材紹介や県内で活動する日本語教室の事例紹介等も

行いますので、日本語教室に関わる皆様、その他関心のある方は、ぜひご参加ください。

日本語教材見本市では、日本語教材のスリーエーネットワークをはじめ3社による教材紹介等もあります。

チラシ PDFダウンロードボタン

開催日時:平成30年2月5日(月)13:30~17:00(13:15~受付)

場所:OKBふれあい会館 中会議室(3階)

内容:(1)映画上映

     タイトル 「Journey to be continued -続きゆく旅- 」

     ○概要

      可児市で暮らす外国にルーツを持つ青少年が主演。美術表現を用いた独自のアプローチで

      外国にルーツを持つ青少年との対話を試みたドキュメンタリー。青少年の抱える問題や、

      彼らをサポートする支援者たちの葛藤、これから日本が向かうべき多様な人々との共生について、

      様々な問いかけが生まれる作品。

   (2)意見交換

      テーマ:外国にルーツを持つ方々の支援について

      講  師:NPO法人可児市国際交流協会

          事務局長 各務 眞弓(かかむ まゆみ) 氏

   (3)日本語教材見本市

      ○日本語教室の取組み紹介

      ○教材紹介・ブース設置

       参加企業:株式会社スリーエーネットワーク、株式会社 凡人社、

            株式会社新興出版社啓林館・文研出版

申込み:国際交流センター 桂川までメール又はFAXにて、

    参加申込書に記入の上お送りください。 参加申込書:Wordダウンロードボタン

    katsuragawa@gic.or.jp  FAX:058-263-8067

表1.jpg

裏.jpg