トップページ
GICからのお知らせ
【終了】災害時外国人支援ボランティア研修(各務原市開催)【12月18日(日)】

各務原市には、約2,700人の外国人住民が生活しています。このような中、南海トラフ巨大地震などが発生したらどうなるでしょうか。外国人は日本語が十分にわからないため、災害の情報が伝わらなかったり、避難所の掲示が読めず、必要な情報が得られなかったりします。

災害時に外国人住民が直面する問題を理解し、大きな災害が起きたときに、地域での外国人住民をサポートできるよう、訓練します。ぜひご参加ください。

 

日時:平成28年12月18日(日) 10:00~16:30(9:45受付開始)

場所:各務原市総合福祉会館 3階 集会室(各務原市那加桜町2-163)

    http://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisetsu/1313/1880/001605.html

対象者:行政、外国人支援団体、自治体・町内会、地域住民の皆様、留学生、災害時の外国人支援に関心のある方、

     日本語で日常会話ができる外国人住民の方。

     語学力がなくてもOK。研修は日本語で行います。

定員:30名

参加費:無料

その他:お昼は非常食体験を行います。

講師:(特活)多文化共生マネージャー全国協議会  理事 柴垣 禎氏

 

主催:(公財)岐阜県国際交流センター

共催:各務原市、各務原国際協会

 

参加申込:岐阜県国際交流センターへご連絡ください。

      TEL 058-214-7700  FAX 058-263-8067

 

メールでお申し込みの方は下記の情報を明記したうえで「gic@gic.or.jp」までお送りください。

氏名(ふりがな):

住所:

連絡先:

E-mail:

日本語以外の言語:

所属(勤務先、学校名、団体等):

 

詳しくは、PDFファイル(チラシ)をご覧ください。➡PDFダウンロードボタン